むし歯の3大要因

むし歯は、様々な要因が重なって発生します。その要因のうち大きく関わっているのが、糖質(ショ糖)、原因菌(ミュータンス菌)、歯質(エナメル質・象牙質)です。

むし歯発生のメカニズム

お口の中の原因菌(ミュータンス菌)が糖質(ショ糖)を取り込み、歯垢(プラーク)を形成します。

歯垢(プラーク)の中で原因菌(ミュータンス菌)がさらに増殖し、糖質(ショ糖)から酸をつくります。

酸によって歯質(エナメル質・象牙質)からカルシウムやリンが溶け出します(脱灰)。

むし歯が進行すると歯に穴があいた状態になり、もう元には戻りません。

むし歯予防にフッ素が効果的な2つの理由

むし歯を予防するには、歯を強くすることと、原因菌が活動しにくい環境をお口の中に作るという2つのポイントが大切です。食後の歯みがきはお口の中を清潔に保つのには有効ですが、歯そのものを強くするものではありません。フッ素は、歯から溶けだしたカルシウムやリンの取り込み(再石灰化)を促進することで歯質を強くします。また原因菌に働きかけて酸の産出を抑えることで、歯からカルシウムやリンの溶け出し(脱灰)を抑制し、むし歯を予防する効果があります。お口の中で脱灰と再石灰化が繰り返されている時にフッ素があると高いむし歯予防効果が期待できます。

フッ素洗口で簡単むし歯予防!

フッ素洗口は、日常の歯みがきの後に行うことがむし歯予防に効果的です。これは、ハブラシの毛先が届きにくく、むし歯の原因となる歯垢(プラーク)がたまりやすい歯の溝やくぼみ、歯と歯の間、歯とハグキの境目などにも洗口液が行き渡るためです。また、ハミガキは使用後に水ですすぎますが、洗口液は水ですすがないので、フッ素がよりお口の中にとどまります。フッ素配合ハミガキによる歯みがきの後、1日1回就寝前などにフッ素洗口液をご使用ください。

※当サイトではわかりやすくするために
以下の表現にしております。
「フッ化物」
「フッ素」
「フッ化物洗口」
「フッ素洗口」
「大人のむし歯」
「大人むし歯」
「子どものむし歯」
「子どもむし歯」